タムラ君に捧ぐ

わたしとタムラ君の出会いは5年前の春でした。 職場に配属されてきたタムラ君はまだハタチでしたね。 長いこと同僚問題に頭を悩ませてきたわたしは「また使えねえ若造が来やがった」と思い、最初はタムラ君に厳しく接したかもしれません。 でもタムラ君は違いました。 わたしが心を病んで雪山に車ごと突っ込みかけたときも、東京で泣いていたときも、中国人に騙されたときも、全てタムラ君が助けてくれましたね。 そして今回 […]