【安さ重視】海外旅行のWi-Fi選びはシーンによって変えてこ〜!レンタルWi-Fiから『Glocal Me』に乗り換えるタイミングとは

海外旅行で不測の事態に見舞われたとき、スマホの電波は命綱。いっそハナからスマホの存在がなければ、あらかじめ『地球の歩き方』を準備するなどしておくのだが、今や我々は「スマホありき」で旅の計画を立ててしまっている。肝心なときにスマホが使えないのは、かなり危ない。

私は「中〜長期の旅をしがち」「外出先でもスマホをガンガン使いたい」「なるべく費用を安く抑えたい」というタイプの旅行者だ。本記事はそんな私がこれまで諸外国で、いかにしてスマホを使ってきたか……という、初心者向けのお話である。

さて2021年6月4日、EUが日本人旅行者の受け入れを(意外とあっさり)解禁すると発表した。今後の状況次第で再び制限がかかることもあるだろうけど、ワクチン接種が進んでいる状況をみると、これは、今度こそ、海外旅行が近づいてきた予感!

時が来たらすぐに旅立てるよう、今のうちに準備だけはしておこう……ってことで、最初に気にかかったのが「この1年半で海外旅行におけるWi-Fi事情がどう変化したか」ということ。調べたところ、最も大きい変化はahamo(ドコモの格安料金プラン)の登場だろうか。

ahamoはただでさえ月額料金が安いうえ、なんと追加料金不要で20GBまで普通に海外で使えるらしい。よって「1週間程度の海外旅行によく行く」というドコモユーザーならば、今のうちにahamoに変えておけば今後が非常にラクだ。

ただし注意したいのが「渡航から15日が経過すると速度制限がかかる」という点。ahamo公式サイトによると、これは「データ容量を追加購入しても制限が解除されない」という謎仕様らしく、2週間以上の旅行を計画している人・たくさんスマホを使いたい人にとっては逆に危険だ。

それ以外の正攻法で、キャリアのスマホ契約を海外で使うには……例えばソフトバンクの「海外パケットし放題」なら1日あたり2980円。2〜3泊であればともかく、長期の旅行でこの金額はあまり現実的でない。

そういう場合、最も一般的かつ安いのは「レンタルWi-Fi」である。私が以前よく利用していたのは「GLOBAL Wi-Fi」という会社だが、コロナ禍で経営は大丈夫なのだろうか? 久々に検索してみると……

わっ、広瀬アリスちゃんがマスコットガールを務めてる!!! ってことは、意外と儲かっているのかもしれないな!

レンタルWi-Fiのいいところは、アジア圏やハワイなど、行き先によっては料金がかなり安いこと。ここで注意したいのが、公式サイトで普通に申し込むのと「価格ドットコム」などのサイトを通して申し込むのとでは、同じプランでも料金が2倍くらい違ってくるという点。くれぐれも申し込み前に複数のサイトを比較してみてほしい。

レンタルWi-Fiは「空港で受け取り・返却できる」というのがメリットといえばメリット。ただし私は過去に2度、返却するのを忘れて帰宅してしまったことがある。また万が一ルーターを破損・紛失した場合に備えて保険に加入しておくことが推奨されているのだが、そうなると料金がバカにならなくなってしまう。

さらにレンタルWi-Fiを利用するには、あらかじめ旅程を決めておく必要がある。「帰りのチケットを取っていない」といった旅行スタイルの場合、レンタル以外の方法を考えねばならない。

そんなワケで私は『GLOCAL Me』を使用している。これは世界ほとんどの国で使えるポケットWi-Fi。もちろん日本で普通に使うこともできる。

スマホのアプリから1G単位でグローバルデータを購入すれば、すぐに海外で使用できるシステム。

ただし、こちらもレンタルWi-Fi同様、アジア圏はそこそこ安いのだが……

ヨーロッパやアメリカになるとまぁまぁ高い。「基本的にはホテルなどのWi-Fiを使用し、ポケットWi-Fiはほぼ使わない」という人向けだ。また本体代金が2万円弱くらいするため、あまり海外へ行かないという人はわざわざ購入する必要もない。そういった場合はレンタル一択だろう。

またヨーロッパ、アメリカ、アフリカなどの遠方に中〜長期滞在するうえ、外出先でもたくさんスマホを使いたい!という人なら、やはり断然SIMカードを購入すべき。個人的にはGlocal MeとSIMカードの併用が望ましいと考えている。

ということで、ここで私のSIMカード購入体験をお話し……するつもりだったが、長くなったのでまた次回。こういうテーマは適当なこと書けないから長くなってしまうな〜。

 

〜まとめ〜

レンタルWi-Fiを利用すべき旅とは……「近場のメジャーな国に短期間旅行する場合」

Glocal Meを購入すべき旅とは……「頻繁に海外へ行く人の場合」「あてもない旅の場合」

キャリアの海外プランを利用すべき旅とは……「とにかくめんどくさい場合」