大相撲2021年夏場所千秋楽行ってきた「遠藤ひさびさに大活躍」の巻

なんだかんだ昨年後半から毎場所欠かさず国技館に通っています。3年ほど前、長期で海外へ行くようになったのがきっかけで「もう、相撲はテレビでいいかな……」って気持ちになっていたんですが、久々に国技館へ行ったらかつての相撲仲間と何人も遭遇しまして。

昔取った杵柄といいますか、ありがたいことに一緒に観戦しようと声をかけてもらえるようになりました。以前は「1人で観戦してこそ」みたいな、妙な相撲ファン哲学を持っていたハズカシイ時期もあったのですが、私もようやく相撲ファンとしてカドが取れてきたなぁ、って気がしています。

さて今場所は首位独走の照ノ富士を14日目に遠藤が下し、貴景勝と並んで星を首位ひとつ差まで縮めました。まさに激アツ千秋楽です。稀勢の里引退以来こんなにハラハラするのは初かもしれません。

人生で初めて応援タオル買いました。熱心な遠藤ファンなのかと思われそうですが、私の研究によると相撲ファンって10年を過ぎるとだいたい誰のファンでもなくなるものなんですよね。遠藤も照ノ富士も貴景勝もみ〜んな頑張ってほしい☆……でも遠藤には1回くらい優勝しといてほしいわよね、という軽はずみな理由で応援タオルを掲げますこと、どうぞお許しください。

あ、ランチは初めて「江戸のれん」で。1階の売店が閉まってて残念。2階の居酒屋さんのサバ煮込み定食、すごいボリューム。

先場所から売ってる缶バッチ(3個1000円)、なぜか気づいたらこの3つを選んでた。

今場所発売のスイーツ親方のパン、おいしかった。

最近雨つづきでしたが、この日はザ・夏場所な晴天。空気も澄んで、年間を通してこれほど気候のいい観戦日も稀でしょう。「遠藤優勝」の雰囲気が漂っていますね。

ま、遠藤ダメだったんですけどね。照ノ富士おめでとう!友人の遠藤浴衣がイカしてますね。

来場所は今のところ例年どおり名古屋で開催される予定……とはなっていますが、まぁ厳しいんでしょうか。しかし仮に来場所が名古屋だったとすると、平成27、28年の日馬富士と琴奨菊の優勝額がこれで見納めということになるようです。あ〜あ、あのころ楽しかったニャ〜。

閉幕後も最高かよって感じの夕暮れ。

そのまま友達オススメの「割烹ちゃんこ大内」へ。大内山さんのお店。

初めて食べる筑前煮みたいなちゃんこでした。おいしかった。

あと天ぷらが思わず声が出るほどうまかった。また次回も来よう。

気候がいいのでなんとなく周辺をブラリ。相撲部屋から聞こえる声に耳をすますなどし、回向院でネコをなでて解散。出待ちもパーティーもパレードもないコロナ禍の千秋楽、まったりしてて個人的にはけっこう好き。